個別指導塾に通い始める時には、その特長をよく理解して中学生の学習に役立てるためのコツを把握するべきです。一見すると高いように思えますが、費用対効果を考えると意外と優秀な形式です。一人一人の現状に見合った授業が行われるという点だけを見ても、勉強に遅れがちな中学生にとっては魅力的ですし、一人ではどうにもならないようなレベルにまで落ちてしまった科目を引き上げることもできます。ずいぶん前の単元から分からなくなっている教科を得意科目にすることは、独学ではなかなか難しいものです。

しかし、個別指導塾なら習熟度チェックを行いながらレベルに合った内容にするため、少しずつステップアップできます。せっかく塾通いを始めて、順調に通い続けることができるかを不安視する保護者もいます。中学生本人も通い続けることは大変だと感じるケースが多々ありますが、部活やほかの習い事をしていたら時間を上手く使わないと通えない日が出てくるのは当然のことです。上手く使っていても体調不良等で通えない日が出ますが、個別指導塾では振替で授業を行ってくれるので、その分を受けられないことがありません。

振替授業を実施することで、カリキュラム通りに進めることができます。予習や復習に力を入れていて、季節講習の時には徹底的に復習を行うことも個別指導塾の特徴です。つまり、過去に習ったことはきちんと得点を取れるように指導を行うということであり、成績の伸びやすいシステムです。