1回当たりの授業時間が90分程度で多忙な中学生も通いやすいのが、地域に密着した個別指導塾のセールスポイントです。そこで部活動で忙しい人たちも、学習したい内容だけを選んで通うことがよくあります。しかし自由にカリキュラムを決められる一方で、一人一人に合った個別指導塾の活用法を見出せない人も多いです。そのために塾に入学する場合には、教室長や担当する講師が提案するプランを活用する中学生もいます。

経験が豊富な個別指導塾の教室長は、学力や部活動の参加状況に合わせて学習プランを提示することができます。特に運動部で活躍する中学生の場合には、夜の遅い時間帯の授業を積極的に活用するのがポイントです。宿題用のプリント教材も利用すると、塾の授業内容と連動した自宅学習も円滑に進められます。一方で公立高校への進学を考えている中学生に対しては、主要科目をすべて学べる学習プランを推奨する塾が多いです。

定期テスト対策の授業もセットで活用すると、志望校への合格に必要な内申点も十分に確保できます。普段は部活動で忙しい中学生も、定期テストの直前であれば塾で集中して指導を受けることが可能です。長期にわたって成績が低下し続けている人の場合には、基本からやり直す方法があります。入塾テストで学力を確かめると、最適なカリキュラムを提案してもらえます。

数学の計算や英作文の基本から学習しなおすと、苦手科目も早期に克服できるようになります。