名古屋発のバスに乗って参加する富士山ツアーを楽しむ

subpage01

日本最高峰である富士山は、近年の登山人気で多くの観光客が訪れるスポットとなっており、名古屋発のバスツアーは1泊2日・2泊3日といった日数で向かう事が出来ます。


名古屋発のバスは初日の7時前後に出発し、昼前後から富士山を代表する登山口である吉田口五合目といった起点から登頂を始めて、夕方に山小屋に到着するスケジュールとなっています。

気になる沖縄旅行パックに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

富士山登山道沿いにある山小屋は、基本的に多くの登山客と一緒の相部屋となっており、いびきや明かりが気になってしまう事もあるので、その対策としてしっかりと眠れるグッズを持って行く事が大切で、それをしておけば2日目の登頂も問題なくこなせるようになります。



山小屋での食事は夕飯・朝食がセットになる事が多く、初日と2日目の昼食や空腹時の軽食に関しては自分で準備する必要があります。
名古屋発車の前に、すぐに食べられる携行食・レトルト食品やおにぎりといった食品を買っておくと登山中の休憩時に気軽に食べられるので、荷物の負担にならない程度に買っておきましょう。なお、保温性能が高い水筒のお湯を持って行くとコーヒーやカップラーメン等も楽しめます。



富士山登山時のマナーとしては、夏休みで登山客が集中する混雑時には自分が進みたいペースで歩けなくなる事がありますが、5合目からツアーに帯同する登山ガイドの指示を聞いて登頂をしていけば確実にご来光は眺める事が可能なので、焦らずに登っていく事が大切です。