中学生の子供を学習塾に通わせようとするとき、これには大きく分けて二種類の学習スタイルから選択することになります。一つはたくさんの生徒を一室で教えるグループ指導のスタイルです。このスタイルは、昔からとられてきたもので、今でも多くの学習塾で採用されています。そしてもう一つは個別指導の学習スタイルです。

最近では特に注目されてきている学習スタイルになります。個別指導の学習スタイルを採用している個別指導塾の特徴というものは、その代表的なものが講師一人につき生徒一人で行う学習スタイルです。いわゆるマンツーマン指導とも言われていますが、一般的には講師一人で生徒二三人で行っているところが多いのではないでしょうか。さて、それではこの個別指導塾に中学生が通うメリットとはいったい何なのでしょうか。

中学生と言えば高校受験を控えていますから学習塾は特に選ぶ必要があります。個別指導のスタイルを選択するとき、そこで得られるメリットは多いです。個別指導塾の多くは生徒の性格や能力に見合った授業を受けることができるという点が大きいと言えます。これは少人数で行うからこそ実現できる利点です。

勿論、前述したようなグループ指導塾でも、その学習スタイルが合った生徒は実力を伸ばすことができるわけですが、個別指導の方が合っているという生徒は、見る見る実力を伸ばしていくことができます。たとえばシャイな性格で回りに他の生徒がいると、解らない問題があってもなかなか講師に質問できないということもあるでしょう。個別指導塾なら気軽に質問できる環境が整っています。