中学生が通う個別指導塾を選ぶ場合、気を付けたいポイントがいくつかあります。良くあるのが、仲の良い友達が通っているから一緒に通いたいというケースであり、友達が通っているからという理由だけで選ぶのは避けた方が無難です。確かに知り合いがいると安心感がありますが、目的は仲間と一緒に勉強することではありません。苦手科目を克服したり、目指している高校に合格したい等の目的があるはずですので、まずはその目的を達成できるのかを考えることが大切です。

個別指導塾というと、料金の高さもしばしば話題に上ります。小学生よりも中学生の方が高額になり、季節講習等で別途費用が発生することも少なくありません。このお金が家計を圧迫することもありますので、安さだけで選んでしまうこともありますが、安いからという理由で個別指導塾を選ぶと後悔します。極端に安価な価格に設定されている場合、人件費を削っていて先生のレベルが低かったり、教材を使いまわしているケースが目立ちます。

また、サポート体制も整っておらず、中学生が快適に勉強を進められる環境とは言えません。最初に見たところで決めてしまうのも避けましょう。親子でじっくりと話し合って条件や目的を明確にし、その上でいくつかの個別指導塾を見つけて比較をすることから始めます。比較をしているうちにどのような点に惹かれるのかが分かってきますので、重視している部分をクリアしているところに絞り込んでいきます。

中学生の個別指導塾のことならこちら