先生と生徒の距離が近い、曜日や時間を自由に決められる、学力に合ったカリキュラムを受けられるなど、中学生が通うにはさまざまなメリットがある個別指導塾ですが、デメリットも何点かあるので注意が必要です。まず集団塾に比べて費用が高くなってしまう点です。個別指導塾の特徴の一つである少人数制での指導は、1人の講師が教える生徒の人数が集団塾より圧倒的に少ないので、どうしても授業料が高くなってしまうという特徴があります。希望する教科をたくさん選んでしまうと、場合によっては月5万以上かかってしまうケースがあるので、費用と相談しながら活用するようにしましょう。

苦手科目が多い中学生や受験年である中学生であれば、しっかりと授業を組み込む必要がありますが、そうでない場合はお試しとして週1~2回程度から始めるのが最適です。費用が原因で受験年なのに塾を辞めなければならないケースは避けなければならないので、家庭の事情に応じた利用の仕方をすることがポイントになります。どんな子が個別指導塾に向いているか気になる方も多いのではないでしょうか。費用が多くかかる個別指導塾を利用する場合は、自分の子どもが個別指導に向いているのか確認することが大切です。

個別指導に向いてる子は、自分のペースでコツコツと目標に向けて頑張れる子です。自分は将来こうなりたいと明確な目標を持っている子が向いているといえるでしょう。もし自分の子どもにそのような特性があれば、個別指導塾を利用するのがおすすめです。中学生の個別指導塾のことならこちら