中学生になると、高校への進学や学校の補修などのために、塾に通うケースも少なくありません。一口に塾といっても多種多様なタイプもありますが、その中には個別指導塾というタイプもあります。これは生徒一人ひとりの個性や能力あるいは生活環境などに合わせながら、講師と生徒とが一対一の状態で指導を行う塾を指すのが一般的です。もちろん個別指導ならではの、魅力的なメリットがあります。

例えば生徒それぞれの学習スペースに合わせた個別カリキュラムによって、きめ細かく丁寧な指導が可能なことなどは、まさに注目したいメリットと言えるでしょう。この点、通常の集団授業の塾や予備校では、同じ時間に同じ教科を指導しても、生徒によっては授業のペースが早すぎる又は遅すぎたり、テキストの内容が難しい又は簡単すぎる等、生徒個人レベルで何かと学習上の不都合が生じます。しかし個別指導塾であれば、たとえ同じ時間に同じ教科の授業を受けても、生徒ごとに授業のスペースをはじめ、使用するテキストや学習の内容が異なるため、集団授業のようなデメリットを回避することが可能です。さらに個別指導塾のメリットでさらに注目したのが、塾の通学スケジュール管理まで、生徒一人ひとりに合わせて調整できる点です。

中学生になると学校では毎日の部活動に励んだり、季節ごとの行事や定期的な試験など、塾と並行して難しいスケジュール管理を迫られるケースが珍しくありません。その点、個別指導塾ではカリキュラムだけでなく通学のスケジュールまで、生徒一人ひとり合わせて柔軟に管理しているケースも少なくないので、学校生活が忙しい中学生であっても、無理なく継続して通学することが可能になります。