中学生になった途端に勉強についていけなくなったと言うお子さんは一定数いますし、それは回避したいところです。親御さんができることもありますし、例えば学習塾が利用できるようにしてあげることもそれに挙げられます。学習塾は大きく分けると、集団塾と個別指導塾と2つあります。どちらも特徴が異なりますし、お子さんのタイプによってメリットとデメリットも異なりますので、ニーズに合わせて選んでいくことをお勧めします。

競争心の強いお子さんの場合は、集団塾の方が相性が合うこともありますが、わからないことが出てきた時にそのばでクリアになるかというと、完璧ではありません。授業中に質問ができない場合もありますし、混んでいると授業後にも質問ができずに消化不良となることも実はあります。学校の授業でもわからないことができた時に、中学生になれば質問ぐらいできるでしょうと親が思うかもしれませんが、部活にすぐ行かなければならないということもあったり、タイミングにもよりますしそれができないこともあります。個別指導塾の場合は、マンツーマンから1たい3ぐらいまでですので、質問はすぐにできますし、クリアになるというのもおすすめポイントです。

中学生になると高校受験も視野に入れて塾選びをすることになりますが、レベル別程度であれば集団塾もありますが、学校別となると話は変わってきます。それができるのも個別指導塾の魅力の一つといえるでしょう。