その国には、個別指導塾がたくさんあります。個別指導塾の多くは中学生が通っており、7割は中学生と考えて良いでしょう。残りの3割は、小学生と高校生などが通っているケースがあります。小学生は2割位で高校生は1割位の割合かそれ以下になっていることも少なくありません。

ただこれは学習塾の方向性によって異なりますので、個別指導塾の中身によって大きく内容が異なるわけです。もしこれから個別指導塾で教えたいとすれば、一体どのような方法で成績をあげたら良いでしょうか。また成績を上げる前に、生徒が定着するかどうかといった問題があります。生徒を定着させるためには、中学生の視点になって話をすることが重要です。

最初のうちは細かい事はよく分かりませんので、堅苦しく事業をやってしまう傾向がありますが何よりコミュニケーションが重要になるといっても言い過ぎではありません。コミュニケーションは、勉強の会話をすることではありません。どちらかと言えば、プライベートの会話などを積極的にすることが重要になります。塾の先生は20歳以上のことが多く、多少中学生位とはジェネレーションギャップがあるため、同じ視点で話すことができないかもしれません。

共通の趣味などがあれば良いですが、そうでない場合は最初から相性が良いかといった部分が重要になるわけです。同じ風に接していても、相性が良い生徒とそうでない生徒ではずいぶんと結果が変わってきますので、この点も意識しておいた方が良いです。