中学生の勉強は、小学生の時とは異なり一気にむずかしくなりますし、進度も速いです。それについていけなくなった利り、わからない事が蓄積されていく事でついていけなくなることも想定されます。そこからだんだん学校に行くのもおっくうになるとうことも良くある話ですし、勉強のつまずきというのは気をつけなければなりません。自分で解決できるお子さんももちろん多いですが、学習の方法が分からないという悩みを持つことも多いです。

そういった時には学習の環境を整えてあげるというのも、親御さんにとっては重要な仕事と言えるでしょう。もしこれから決めるのであれば、集団塾と個別指導塾と選択肢は2つあります。家庭教師は自宅で行う物なので除外とします。どちらもメリットとデメリットがありますので、お子さんのタイプにあわせて選んでいきましょう。

個別指導塾の方が応用性がききますし、例えばわからないところからスタート出来ますし、その場で疑問がクリアになります。わからないところは何度も取り組めますし、質問も分からない時にはその都度出来ます。それが最大の魅力ですし、ついていけていない中学生にとっては大きなメリットになるでしょう。集団塾の方が向いている中学生は、質問が自分で出来たり競争心が強いタイプです。

個別指導塾よりも効果が高くなることも有りますが、進度が合わないと結局意味が無くなってしまいます。もし自分に合った所というのであれば個別指導塾がお勧めです。