塾通いを考えている中学生が個別指導塾の中から選びたいと考えている場合には、まずはどのような場所なのかを知ることから始めます。特徴を知ることで自分に向いているのかも判断できますし、集団塾との違いも明確になります。簡単に言うと、個別指導塾ではマンツーマンかそれに近い形で指導を行っており、教室内はブースで区切られていたり完全個室になっていたりと様々です。集中しやすいのは完全個室のタイプであり、いずれにしても周りを気にせず勉強できます。

周りでも同じように個別指導を受ける中学生がいますが、周りの声が聞こえにくい環境になっています。一人一人の理解度に合わせて指導が進められることも個別指導塾の特徴の一つです。分からない問題があれば、そこで立ち止まって繰り返し反復し、確実に理解できるまで次には進みません。教室内のテスト等で過去に習った部分で理解不足の箇所が見つかれば、徹底的に復習して次に出てきたら問題なく解けるように指導が行われます。

復習に力を入れていますので、一度習った場所でも忘れてしまうことの多い中学生にも向いています。マンツーマン形式ですと家庭教師に近いと感じるかもしれませんが、勉強する場所に違いがあり、個別指導塾は集中できる環境が整備されているので効果が出やすいのもメリットです。自宅のようにテレビやパソコンといった気が散るようなものが置いておらず、学習のためだけに設けられた教室で集中して取り組めます。中学生の個別指導塾のことならこちら